ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体の部位ごとに脂肪率を計測できるガジェット「Aim」 皮膚に数秒あてるだけ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

同じ体重でも、筋肉質なのかそうでないのかで体型というのは異なるものだ。ダイエットや健康維持のために体重を管理したいだけなら体重計で十分だが、「脂肪を削ぎ落としたい」「もっと筋肉質にして体を引き締めたい」と思っている人には、体の肉の“質”を分析してくれるガジェット「Aim」が役に立ちそうだ。

AimはiPhoneよりも小さいサイズのデバイスで、測定したい部位(例えば上腕二頭筋、三頭筋、腹筋、ももなど)の皮膚に数秒押し当てるだけで、ガジェットのスクリーンに脂肪率を表示してくれるというもの。Aimに搭載された4つの電極から多周波信号を送り、その信号の流れを分析することで脂肪率を測定できるのだという。

測定したデータはBluetoothでスマートフォンなどの端末に送信される。データが集約されるオンラインダッシュボードでは部位ごとに脂肪率の変遷が表示されるので、エクササイズの効果を目で確かめることができる。また、目標値を設定したり、データを自分以外の誰かとシェアしたりすることも可能だ。ポータブルで、しかも防水性なので入浴時などに測定できるのも便利だろう。

開発を手掛けた米フロリダ拠点のスタートアップ「Skulpt」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で昨年末に展開したキャンペーンで29万ドルの資金調達に成功し、引き続き自社サイトでもプレオーダーを受け付けている。価格は149.99ドル。商品発送は5月の予定となっている。

Skulpt

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP