ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JAL、国内線の機内Wi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」を2014年7月より開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本航空(JAL)が昨年導入を発表した国内線の機内におけるWi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」のサービス内容を発表しました。JAL SKY Wi-Fiの開始時期は2014年7月からです。2014年5月より「JAL SKY NEXT」という愛称の新しい機材が順次導入される予定で、導入開始から2か月後より利用できるようになります。JAL SKY NEXTでは、Wi-Fiサービスの提供のほか、機内インテリアの全面刷新なども行われています。使用される機体は、ボーイング777-200/-300型機、ボーイング767-300/-300ER型機、ボーイング737-800型機の合計77機が予定されています。JAL SKY Wi-Fiは有料サービスで、400円で30分間利用できる「30分プラン」と1フライトの間は使い放題の「フライトプラン」の2種類のプランが提供されます。フライトプランでは、スマートフォンの場合500円~700円、タブレットやPCの場合500円~1,200円です。料金は飛行距離に応じて異なります。JALマイレージバンク会員には割引きなどの特典が用意されています。ダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、サファイア会員は1年間で一定回数無料で利用できます。JALマイレージバンク会員の方はマイルをインターネット接続無料クーポンに交換することもできるようになる予定です。Source : JAL



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、auスマートパス会員向けに映画鑑賞料が毎週火曜割引きになる新キャンペーンを開始
エプソン、スマートフォンやタブレットから同社製スキャナーをリモート操作できるAndroidアプリ「Epson DocumentScan」をリリース
ゴールドウィン、The North Faceのランニング用ショートパンツ新作「Flyweight Racing Short(NB41457)」を発表、ウエスト部分に6つのポケットを装備

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP