ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テック、デュアルSIM対応の7.85インチAndroidタブレット「Talostec」を国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テックは1月30日、デュアルSIM対応の7.85インチAndroidタブレット「Talostec」を2月中旬に国内で発売すると発表しました。価格はオープンですが、実勢売価は19,800円~22,000円とされています。Talostecは、7.85インチ1,024×768ピクセルのIPS液晶を搭載したiPad mini(初代)と同じ画面サイズのAndroidタブレット。デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応端末で、2枚のSIMカードを挿入し、GSM+WCDMAの場合は同時に着信を待ち受けることもできます。しかし、技適マークを取得していない製品ということで、SIMカードの利用は、あくまでも海外への旅行や出張用としています。3GはWCDMA 850/2100MHzに対応しているので、NTTドコモとソフトバンクのバンド1に接続することは可能なはず。音声通話機能も搭載しています。主要スペックは、Android 4.2.1(Google Play対応)、MediaTek MT8389 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に500万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、3,500mAhバッテリー、Mini HDMI出力端子(v1.4)などを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/2100MHz)に対応。筐体サイズは200 × 135 × 8.7mm、質量は283g。どこかで見たことのある製品だと思ったら、「Talostec」は中国 Ainol製らしいので、おそらく、中国で最近発売された「Ainol BW1」を同社ブランドに仕立てたものだと推測されます。ちなみに、BW1は中国で799元(約13,700円)で販売されています。Source : テック



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年の国内スマートフォン出荷台数は2,928万台、メーカー別シェアではAppleがトップ
Nexus 5レッドバージョンは2月4日に発売か?流出した米Sprintの内部資料に明記
Samsung、米国で「Gaalxy S Neo」を商標出願

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP