ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランスの漫画展示会『アングレーム国際漫画祭』開催 韓国が慰安婦説明会を開催しようと強行するも中止に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


フランスで30日から開催されている『アングレーム国際漫画祭(Festival international de la bande dessinée d’Angoulême)』。ヨーロッパ最大級の漫画イベントであり、その歴史も30年以上にもなる。1974年にフランスのアングレーム市で開催されたのが始まり。

そんな『アングレーム国際漫画祭』で韓国が企画していた慰安婦関連の説明会があったのだが、なぜか突然中止になってしまった。韓国側はその慰安婦説明会中止の理由について「日本の圧力ではないのか?」と疑惑を抱いている。

漫画の祭典になぜ慰安婦説明会? 韓国はこういった国際的なイベントに入り込み、国家レベルで慰安婦問題を持ち込むことが多々ある。今回に関しては慰安婦を描いた漫画やアニメーションを展示、上映予定だったという。

韓国はほかにもフランスのパリで開催している『ジャパンエキスポ』に太極旗を飾り我が物顔でジャニーズグッズや芸能人の偽物グッズを販売していた過去がある(上記写真)。

フランスでは『20世紀少年』や『NARUTO』、『ドラゴンボール』が人気で「MANGA」という単語そのものが定着しつつあるくらいだ。フランスは今では世界で第3位の日本漫画消費国となっているくらいである。

【ニコニコ動画】ジャパンエキスポの韓国ブースの酷さが分かる動画

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。