ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android向けChrome Betaが最新版で絵文字の表示対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GoogleのFrançois Beaufort氏によるGoogle+への投稿によると、Android向けChrome Betaがその最新版で絵文字の表示に対応したそうです。現行の最新安定板Chrome v32(上図右)では、Wikipediaの絵文字リストは空の状態で表示されますが、Chrome Beta v33の最新ビルドでは、上図左の通り、私たちが良く目にする絵文字が表示されています。

Chrome Betaで表示されるようになった絵文字はUnicodeに収録されているものだけです。キャリア絵文字でもUnicodeで採用されなかったものは表示されませんが、これで、ケータイサイトや個人ブログなどで目にする絵文字がある程度そのままの形で表示されるようになると思います。絵文字の表示に正式対応するのはBetaが安定版になってからです。Wikipediahttp://en.wikipedia.org/wiki/EmojiSource : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、サイバーショット「QX10」「QX100」の新ファームウェア Ver. 2.00を提供開始、フルHD動画の撮影に対応など
Xperia Z1 / Z Ultra / Z1 Compact / T / V / SPの新ビルドのファームウェアがPTCRBの認証リストに追加
Android版「Androidデバイスマネージャー」がアップデート、起動時とアカウント切替時のパスワード認証機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。