ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Smartheart Japan、スマートフォンを使って測定できるポータブル心電図「Smarthart(スマートハート)」の国内発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Smartheart Japanは1月29日、スマートフォンを使って測定可能なポータブル心電図「Smartheart(スマートハート)」を2月3日に国内で発売すると発表しました。スマートハートは、病院などの医療機関で目にする心臓の電気的な活動の様子をグラフの形に記録する「心電図」をポータブル化してスマートフォンに対応させたもので、同社の公式サイトによると、スマートハートは、欧州のCEマークを取得し、米国でもFDAから承認を受け、さらに、日本でも厚生労働省の医療機器承認に基き販売の許認可が下りているとのことです。スマートハートの用途については、‟胸の痛み、不快感、または苦しさ、そして動悸や息切れといった症状がある場合、スマートハート®を使用して頂く必要があります。また、顕著な症状がなくてもスマートハート®を使用頂きます。定期的なチェックにより安心感を得ることができ、自覚のない異常についてもご本人と掛かり付けの医者に警告を与えてくれます。”と説明されています。スマートハートでは、医療機関などでの一般的な心電検査で使われている12誘導心電図を採用。ユーザーはセンサーを装着して測定を開始すると、Bluetoothで繋がったスマートフォンのアプリで測定データをグラフなどで確認することができます。測定時間は数十秒とされています。アプリには測定データをかかりつけの医師などに素早く送信できるよう、メール送信機能を搭載。また、有料オプションに加入すると、同社の関連企業であるSHL Telemedicineの医療チームによる心電図のリアルタイムで解析された結果をスマートハートアプリを通じて数分以内でユーザーにフィードバックすることも可能となっています。アプリはAndroid用とiOS用が配信されています。Source : Smartheart Japan



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、サイバーショット「QX10」「QX100」の新ファームウェア Ver. 2.00を提供開始、フルHD動画の撮影に対応など
Xperia Z1 / Z Ultra / Z1 Compact / T / V / SPの新ビルドのファームウェアがPTCRBの認証リストに追加
Android版「Androidデバイスマネージャー」がアップデート、起動時とアカウント切替時のパスワード認証機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP