ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIAが「TegraZone」をv2.9.0にアップデート、Google Playゲームに対応、Tegra以外のプロセッサを搭載した端末でも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIAは1月29日、Androidアプリ「TegraZone」をv2.9.0にアップデートし、Tegra以外のプロセッサを搭載した端末への配信を開始しました。TegraZoneアプリは、TegraプロセッサやSHIELDなどに最適化されたゲームを中心にAndroidアプリを紹介するマーケットアプリです。NVIDIAによるニュースも配信されています。今回のアップデートでは対応端末の拡大のほか、Google Playゲームサービスへの対応化も行われました。新バージョンでGoogle+サインインを実行すると、TegraZoneへのレビュー投稿やゲームアプリのシェアなどの操作に応じてアチーブメントが付与されるほか、Google+へのアプリの共有も容易に行えるようになりました。そのほか、「TegraZoneコレクション」という新機能が追加されて、機能やジャンル、パブリッシャー別に分けてアプリを表示すること(Game OwnwdやNot Ownedなどが追加)、「ゲーム」と「ニュース」のリストを下までスクロールすると、追加のコンテンツを動的にロードする機能、SHIELDコントローラーやBluetooth HIDコントローラーのサポートも行われています。「TegraZone」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S5とみられる「SM-G900L」とGalaxy Note 3 Neoとみられる「SM-N750L」の情報が韓国キャリアの公式サイトに一時掲載
Android向けChrome Betaが最新版で絵文字の表示対応
Smartheart Japan、スマートフォンを使って測定できるポータブル心電図「Smarthart(スマートハート)」の国内発売を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。