ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsungディスプレイの幹部が2Kディスプレイを搭載したGalaxyスマートフォンの発売計画を認める

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

どうやら今年Samsungから2,560×1,440ピクセル(WQHD)のAMOLEDパネルを搭載したスマートフォンが発売されるのは事実のようです。Samsungディスプレイの専務 Yumun hyeon氏が27日に開かれた産業通商資源省主催のセミナーでその計画を明らかにしたと伝えられています。同氏はセミナーにおいて、‟今年はフルHD画質を超えるQuad HD(2K)画質のスマートフォンが発売される予定だが、その後は、画質をUltra HD(4K)まで改善する計画”と述べました。Samsungは同社の次期フラッグシップでGalaxy S 5で2Kディスプレイを採用するものとみられています。同氏はさらに、‟今後は、5インチ画面を基準として、Quad HD(560ppi)へ、さらに、Ultra HD(860ppi)にまで解像度を高めるための技術開発を推進しており、これを実現するにはダイヤモンドピクセル配列がより適している”と、今後のAMOLEDパネルでも独特なサブ画素配列を採用していく方針を示しました。Source : マネートゥデイ



(juggly.cn)記事関連リンク
HP、インドで音声通話機能付き10.1インチAndroidタブレット「HP 10」を発売
KDDI、auの音楽アプリとも連携したエンタメ情報配信サービス「Daily Music」を提供開始
シャープ、ソフトバンク向け「AQUOS PHONE 103SH」とディズニーモバイル向け「DM012SH」のソフトウェアアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。