ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年のスマートフォン出荷台数が10億台を突破(IDC調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 IDCが1月27日に公開したスマートフォンの世界出荷台数に関する調査レポートによると、2013年通期におけるスマートフォン出荷台数は10億台を突破し、過去最高を更新しました。2013年通期のスマートフォン出荷台数は、2012年(7億1260万台)の38.4%増となる10億400万台でした。メーカー別に見ていくと、トップは今年もSamsungで前年同期比42.9%増の3億1390万台を出荷(シェアは31.3%)。2位はAppleで前年同期比12.9%増の1億5340万台を出荷(シェアは15.3%)。3位はHuaweiで前年同期比67.5%増の4880万台を出荷(シェアは4.9%)。4位はLGで前年同期比81.8%増の4770万台を出荷(シェアは4.8%)。5位はLenovoで前年同期比91.7%増の4550万台を出荷(シェアは4.5%)。2012年の3位はNokia、4位はHTC、5位はBlackBerry(旧RIM)でしたが、それらよりも下の順位だったHuawei、LG、Lenovoに入れ替わるという結果となりました。2013年はHuawei、LG、Lenovoらの出荷台数増が影響してか、上位2社(SamsungとApple)の出荷台数の伸びは2012年よりも低いものとなっています。Source : IDC



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1(C6903)用の新ファームウェア「14.2.A.1.136」が公開
Samsungディスプレイの幹部が2Kディスプレイを搭載したGalaxyスマートフォンの発売計画を認める
HTC、香港と台湾で「HTC Desire 700 dual sim」の新色‟ホワイト”と‟レッド”を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP