ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大学デビューを成功させる春色メイク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この春に流行する「ピンクカラー」で第一印象アップ

大学デビューを成功させる春色メイク

春は新しい出会いの季節。この春に流行する「ピンクカラー」を味方につけて、健康的で魅力的な「明るい春色メイク」にチャレンジしてみましょう。

「ピンク」は「目元が腫れぼったく見える」と敬遠する女性も多いようですが、うまく活用すると顔の色を明るく見せてくれるほか、「女性らしさ」や「優しい」表情を作ってくれる、とても優秀な色味です。新しい出会いの場でも、第一印象がアップすること間違いなし。自分に似合うピンクを見つけて大学デビューを成功させましょう。

くすみのないベースメイクを作ることが春色メイク成功のカギ!

■ベースメーク

メイクに「ピンク」を取り入れる際にとても大切なのが、くすみのないベースメイクを作ることです。特に目元。くすみが残ってしまうと、アイシャドウのピンクを濁らせてしまい、キレイなピンクカラーを発色することができません。ピンクやイエローなどの色味調整効果のあるメイク下地を活用して、クリアで透明感のある肌を作りましょう。また、ファンデーションなどの厚塗りはNGです。10代らしい、ナチュラルな健康肌を目指しましょう。

■アイメイク

今年流行の少しくすみのある「スモーキーピンク」などを使用することによって、気になる「まぶたの腫れぼったさ」をカバーすることができます。ピンクは、まぶた全体に入れると膨張してしまうので、目尻部分にポイントを置いて入れてください。

また、目元を優しく見せるブラウン系の引き締めカラーを、必ずまつ毛のきわにのせましょう。これにより、ピンクを生かしながら引き締まった目元を作ることができます。目元に合わせて、アイブロウも自然な太さで明るい茶系を取り入れましょう。自然なカーブで柔らかい印象を引き立たせます。

リップには春の流行カラーの「フューシャピンク」を取り入れて

■チーク

自然な血色を演出してくれる「クリームチーク」がオススメです。パウダーの前に、指やスポンジなどでほほ骨付近にポンポンと軽くのせ、その上からルースパウダーを押さえ肌に密着させます。目元のカラーとのバランスを見ながらチークの色味を選びますが、ローズ系のピンクは女性らしさを引き立たせてくれます。 そして、自分の血色に合わせることで、肌の透明感をアップさせてくれます。指先をギュッと握って、集まった血流の色がその人の血色になります。参考にしてみてください。

■リップ

こちらも春の流行カラーの「フューシャピンク」を取り入れることで、「新しさ」を強調できます。ただし、きっちりと唇のラインを取り過ぎてしまうと、80年代風のメイクになってしまうため、要注意。リップクリームやグロスなどの油分とうまくなじませながら、ふんわりとのせてください。

上記を参考に、メイク全体にうまく「ピンクカラー」を取り入れて、旬の女性を演出してみましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。