ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エプソン、Android 4.0を搭載したメガネ型デバイス「MOVERIO BT-200/BT-200AV」を国内で4月24日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エプソンは1月28日、同社のAndroid搭載メガネ型デバイス「MOVERIO」シリーズの新モデル「BT-200」と「BT-200AV」を国内で2014年4月24日に発売すると発表しました。「BT-200」は、シースルータイプの液晶ディスプレイ(解像度960×540ピクセル)を搭載し、メガネのように装着して利用するウェアラブルデバイスです。ディスプレイでは、WEBページの閲覧や動画の視聴などを行いながら、ディスプレイ越しに外の風景も眺めることもできます。ディスプレイの表示は20m先に320型相当で映し出されます。映像はサイドバイサイド方式なら、3Dで視聴することもできます。4月に発売される「BT-200」は標準モデルで、「BT-200AV」は「BT-200」にブルーレイ/DVDレコーダーといったHDMI出力端子を備えたAV機器をMiracastに対応させる専用アダプター(上図右)を同梱したモデルです。どちらもMiracast受信機能に対応しており、対応するスマートフォンやタブレット、パソコンの画面をBT-200のディスプレイにミラーリングすることができます。「BT-200」は、2011年11月に発売された「BT-100」の後継製品で、前作よりもディスプレイ部はスリムになり、質量も60%軽量化されました。また、カメラが追加されて、写真と動画を撮影することのほか、ARアプリも活用できるようになりました。さらに、コントローラーユニットの操作がタッチパッド式に変更され、Bluetooth v3.0にも対応。モーションセンサーが追加されて、アプリやゲームで新たな動きを感知できるようになりました。そのほか、OSもAndroid 4.0(ICS)にアップデートされています。Source : エプソン



(juggly.cn)記事関連リンク
Androidの定番ファイル管理アプリ「ESファイルエクスプローラー」がv3.1にアップデート、ファイルを種類別に表示することやWEB検索が可能に
LGがアプリの小窓表示&透過表示を可能にする「LG QSlide SDK」を公開
デザインファクトリー、一般的な名刺入れにも収納できる厚さ5mmのスリムで軽量なモバイルバッテリー「名刺型充電器」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP