体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外出先なら3Gでも十分快適 SIMフリー&IIJのSIM同梱の製品が発売されるレノボの『YOGA TABLET 8』を使ってみた

外出先なら3Gでも十分快適 SIMフリー&IIJのSIM同梱の製品が発売されるレノボの『YOGA TABLET 8』を使ってみた

シネックスインフォテックは、レノボのAndroidタブレット『YOGA TABLET 8』に、SIMフリーでIIJのプリペイドSIMを同梱したモデルを2月1日に発売。発売前に試用してみたのでレビューをお届けします。

『YOGA TABLET 8』がSIMフリー&IIJのSIM同梱に

Wi-Fiタブレットを使っている人は、ときどき「外でもネットにつながったらいいのに」と思うことありませんか? モバイルルーターを持っているならそれを使えばよいですが、たまに外でつなぐのにLTE対応タブレットを契約したり、モバイルルーターを契約して月額料金が発生するのは避けたいという人もいるのでは。自宅や職場ではWi-Fiが使えるという人には、格安SIMが使えるSIMフリーのタブレットが便利。今回発売するSIMフリー『YOGA TABLET 8』には、500MBまで使える『IIJmio プリペイドパック』のSIMを同梱します。

SIMパッケージを同梱

本体のパッケージに、SIMのパッケージが同梱されています。APNは設定済みなので、SIMを挿入してIIJに電話をかけて開通手続きをすれば、すぐにネットに接続可能。500MBを使い切ったら、初期費用不要でそのままIIJmioに契約して、月額945円から用意されているサービスを利用できるほか、他社のSIMを選んで利用することもできます。

SIMスロット

SIMは後述するスタンドを出した状態で挿入すると、3Gの通信が可能に。昨年11月に発売された『YOGA TABLET 8』は、Wi-Fiモデルのみが販売されていました。SIMに対応し、SIMフリーの形態で提供されるのは国内では今回が初めて。

3形態に変化する『YOGA TABLET 8』

『YOGA TABLET 8』

『YOGA TABLET 8』は、OSにAndroid 4.2、8.0型ワイド液晶、1.2GHzのクアッドコアCPUを搭載するタブレット。本体にすっぽり収まるスタンドを搭載し、用途に応じて形状を変えて使えるのが大きな特徴です。

シリンダー部にバッテリーを搭載

シリンダー状で6000mAhと大容量のバッテリーを搭載。これにより本体が厚さ3.0~7.3mmと薄肉化でき、本体の重量感を感じさせません。

シリンダー部を回転させると スタンドに

バッテリーのシリンダー状部分をつかんで回転させるとスタンドを出すことができます。これを使った3種類の形態を紹介していきましょう。

1 2次のページ
グルメ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会