体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Veeder : GoogleアプリのようなモダンなUIを備えたGoogleニュースクライアント、匿名のアンケート作成機能も搭載

最近のGoogleアプリのようなユーザーインタフェースを採用したGoogleニュースクライアント「Veeder」が公開されました。アプリは無料です。Veederは、画像とテキストをバランスよく配置しており見栄えが良く、滑らかにスクロールするなど、操作もしやすいGoogleニュースクライアントです。日本を含む国内外のGoogleニュースを1つのアプリで閲覧できます。日本語への対応は完璧ではありませんが、主要な操作はアイコンボタンを利用して行うので、操作性にはさほど影響しないと思います。

アプリでは、ニュースフィードを下に引っ張って更新するプルダウン更新機能、キーワード検索機能、記事のブックマーク保存機能、外部アプリでの共有機能に加えて、記事に対する匿名のアンケートを作成して公開することもできます(Poll機能)。アンケートの質問はユーザーの好きな内容を設定(選択式)できるので、誰でも気軽に調査することができます。残念ながら、現行バージョンにGoogleアカウントとの連携機能はなく、タブレットUIも備えていません。「Veeder」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Nokia初のAndroidスマートフォン‟Normandy”の主要スペック情報がツイートされる
Google、Google Glass用メガネフレーム「Titanium Collection」4種類の発売を発表
2013年のスマートフォン出荷台数が10億台を突破(IDC調査)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。