ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「スマート体組成計 301SI」の予約受付を1月31日より実施、「Fitbit Force」を2月14日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバクは1月27日、同社の健康管理サービス「SoftBank HealthCare」の新商品「スマート体組成計 SoftBank 301SI」の予約受付を1月31日より実施し、リストバンド型腕時計「Fitbit Force」を2月14日に発売すると発表しました。スマート体組成計は、体重や体脂肪率など9種類の身体データを測定できて、測定したデータをクラウドサーバ上にアップロードする機能を備えたセイコーインスツル製の体組成計です。発売時期は2014年2月中旬です。スマート体組成計の使用料は3Gデータ通信費込みで月額590円(2年契約時)ですが、発売開始時より利用料が2年間無料となる「スマート体組成計基本料無料プログラム」も実施されます。また、月額200円で家族4人の測定データの保管に対応し、データ保管期間が13か月→永年に延長となる「データ永年保管(家族向けオプション)」や、「Fitbit Force」(月額500円)と同時に購入すると、両方の月額使用料の合計から110円割引く「ヘルスケアお得パック」も提供されます。さらに、先着5万名にオリジナルメジャーをプレゼントするキャンペーンも実施されます。Fitbit Forceは、米Fitbit社が今年10月より海外で販売を行っているリストバンド型活動量計の最新モデルです。既存の「Fitbit Flex」の後継製品で、本体にOLEDパネルが搭載され、時刻やForceで取得した活動データを閲覧できるほか、BluetoothでペアリングしたiPhone / Android端末の着信などを通知する機能も追加されるなど、最近のスマートウォッチのような機能を持つ製品になっています。現在、「Fitbit Flex」を利用している方は、3,200円を支払うことで「Fitbit Force」にアップグレードすることもできます(追加料の支払いは初月のみです)。Source : ソフトバンク(スマート体組成計)(Fitbit Force



(juggly.cn)記事関連リンク
Poltergram : スマートフォンやタブレットで心霊写真を撮影できるカメラアプリ
Veeder : GoogleアプリのようなモダンなUIを備えたGoogleニュースクライアント、匿名のアンケート作成機能も搭載
カスタムROM「Paranoid Android 4.0」のBeta4がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。