ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「災害用音声お届けサービス」が1月29日より携帯電話・PHS会社6社で相互運用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンク、イーモバイル、ウィルコムの携帯6社は1月27日、地震や台風などの災害時に音声メッセージをパケット網経由で相手に伝えることのできる災害時用安否確認サービス「災害用音声お届けサービス」の相互運用を1月29日より行うと発表しました。「災害用音声お届けサービス」は、災害発生時に音声通話よりも繋がりやすいパケット通信を経由して、録音した安否等の音声メッセージを他人に伝えることのできるサービスです。これまでは、NTTドコモ、KDDI&沖縄セルラー、ソフトバンクの4社間で相互運用されていましたが、新たにイーモバイルとウィルコムも仲間に入ります。これによって、携帯電話だけではなく、PHSユーザーとも音声メッセージの送受信も可能になります。ウィルコム端末は、WX12Kと3G回線搭載のウィルコムスマートフォンは既に送受信ともに対応しており、それ以外は受信のみに対応しています。6社では、毎月1日・15日と「防災週間 (8月30日~9月5日)」、「防災とボランティア週間 (1月15日~1月21日)」、「正月三が日 (1月1日12:00~1月3日24:00)」に体験サービスを提供しています。期間中は実際に音声メッセージを他の人に送信して、操作方法や音声メッセージそのものを確認することができます。Source : ウィルコムイーモバイルKDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
英CloveがXperia E1の予約受付を開始、暫定価格は£112.49(約19,100円)+VAT
Sony Mobile D6503‟Sirius”で撮影された写真が流出
Lenovo Japan、「Lenovo Yoga Tablet 8 モバイル通信対応&SIM同梱」モデルを2月1日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP