ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラ、米国国防総省MIL-STD-810G規格に準拠したタフネススマートフォン「Torque(SKT01)」を3月に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラは1月27日、昨年3月に米Sprintを通じて発売された同社のタフネス仕様のAndroidスマートフォン「Torque(トルク)」を今年3月に国内で発売すると発表しました。Torqueは、G’zOneのような頑丈設計の筐体に、4インチWVGA解像度のIPS液晶とSanpdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載したLTE対応のAndroidスマートフォン。特徴は、国内初となるMIL-STD-810G準拠の耐衝撃、耐振、耐塵、耐湿、耐圧性能を備えたところで、ほかにも、IPX5/X7の防水、IP6Xレベルの防塵にも対応しています。国内では、ダイワボウ情報システムを通じて「SKT01」という型番の下で販売されます(法人向けに販売されることになります)。携帯ネットワークはNTTドコモのFOMA/Xiに対応しています。Torqueでは、ディスプレイ全体が通話用スピーカーとなる「スマートソニックレシーバー」を搭載するほか、4インチスマートフォンながらも2,520mAhという大容量のバッテリーも積んでいます。国内モデルは、OSがAndroid 4.2(Jelly Bean)にアップデートされ、RAMとROMもそれぞれ1.5GBと8GBに増加、リアカメラも800万画素にアップグレードされています。このほか、Micro SDカードスロットや前面に130万画素カメラも搭載しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、NFCに対応。対応周波数はWCDMA 800/2100MHz、LTE 800/2100MHzです。本体サイズは129 × 69 × 13.7mm、質量は171g。Source : 京セラ



(juggly.cn)記事関連リンク
Poltergram : スマートフォンやタブレットで心霊写真を撮影できるカメラアプリ
Veeder : GoogleアプリのようなモダンなUIを備えたGoogleニュースクライアント、匿名のアンケート作成機能も搭載
カスタムROM「Paranoid Android 4.0」のBeta4がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP