ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovoは2Kディスプレイ・3GB RAMを搭載した「Lenovo K7t」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベンチマークアプリ Antutuの提供元が同社の公式ブログで、「Lenovo K7t(Kingdom)」と呼ばれる2Kディスプレイを搭載したLenovo端末のテスト結果を公開しました。Antutuで公開される画像は、情報の一部が修正されているので(生データではない)、実際のスペックは定かではありませんが、画像によると、2,560×1,440ピクセルのディスプレイ、MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM、16GB ROM、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラ、Android 4.4.1(KitKat)を搭載しています。「Lenovo K」シリーズは、ハイスペックな最上位製品に位置づけられており、今回の「Lenovo K7t(Kingdom)」もそれに属する機種と推測されます。2Kディスプレイ&3GB RAMが今年のハイエンドモデルにおけるキーポイントとなりそうです。この端末のAntutu v4.0トータルスコアは35,346点です。既存のLenovo K910のスコアをわずかながらも上回っています。解像度は向上していますが、性能劣化は起きていない模様です。Source : Antutu



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Xperia Z1 fやGalaxy Jなど2013年夏冬モデルの月々サポートを増額、一部は実質0円に
2013年Q4の世界主要国のOS別スマートフォン販売シェア、日本では68.7%がiPhone(Kantar調査)
Sony Mobile、2月6日に台湾でXperia Z1 Compactの発売イベントを開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP