ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調査会社が予想した「Galaxy S 5」のモデルラインアップとスペック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾の調査会社 KGI Securitiesが、同社の調査結果などを基に予想したSamsungの次期フラッグシップ「Galaxy S 5」のモデルラインアップとスペックを公開しました。同社の予想では、Galaxy S 5は‟Standard”モデルと‟Prime”モデルに分かれており、それぞれ、韓国モデルとグローバルの2種類にも分かれています。合計4種類のGalaxy S 5が発売されるということです。各モデルのスペックを見る限り、”Prime”モデルが期待されている「Galaxy S 5」として発売されると思います。‟Standard”はGalaxy Note 3 Neoのような廉価モデルのことでしょう。‟Prime”モデルのスペックを見ていくと、韓国モデルとグローバルモデルはどちらも「Exynos 5430」プロセッサを搭載しており、Qualcommプロセッサは‟Standard”モデルにしか搭載されないことになっています。Prime・グローバルモデルはMDM9615(第2世代LTEモデム)を搭載する可能性もあるそうなので、LTE版でもExnoysプロセッサを搭載する可能性があります。‟Prime”モデルのプロセッサ以外の仕様は同じです。5.2インチ2,560×1,440ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ、3GB RAM(LPDDR3)、背面に1,600万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、ジェスチャー用赤外線センサー、指紋リーダー、2,850mAhバッテリーを搭載することになっています。ケース素材は全て従来通り、プラスチック素材がメインとなっています。Source : KGI Securities



(juggly.cn)記事関連リンク
フジテレビ、スマートフォン・タブレットにも対応した無料動画配信サービス「フジテレビ+」を提供開始
OPPO Find 5とN1向けにCyanogenMod 11 Nightlyビルドの提供が開始
「災害用音声お届けサービス」が1月29日より携帯電話・PHS会社6社で相互運用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP