ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1TBのストレージを利用できるマルチプラットフォーム対応のクラウドストレージサービス「Teraクラウド」が提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャストプレイヤーは1月23日、最大1TBのストレージ容量が利用できるクラウドサービス「Teraクラウド」の提供を開始しました。Teraクラウドは、PCやスマートフォン、タブレットなどの様々な端末に対応した同期型のクラウドストレージサービスです。サービスはWebDAVを利用したファイル共有サーバ「ownCloud」によって提供されており、ownCloud対応のクライアントソフトウェアをインストールすれば、どの端末からでもファイルをアップロードしたり、クラウドストレージに保存されたファイルをダウンロードすることができます。クライアントソフトウェアはWindows、Mac、Linux、Android、iOS用が提供されています。Teraクラウドの提供プランは、1GBのストレージ容量が付与される無料プラン(一部の機能制限もあります)と、1TBのストレージ容量が付与される有料プランの2種類。有料プランの料金は年額9,800円あるいは月額980円です。どちらもPayPalクレジットでの支払いに対応しています。同社では、Teraクラウドの提供開始を記念して、2014年1月23日~3月末までに有料アカウントに申し込んだ方を対象に、有料プランを年額6,800円あるいは月額680円で提供するキャンペーンを行っています。「ownCloud Jelly Bean用」(Google Playストア)Source : Teraクラウド公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
ZENUSブランドのXperia Z Ultra用レザーケース4製が発売開始
京セラ、米国国防総省MIL-STD-810G規格に準拠したタフネススマートフォン「Torque(SKT01)」を3月に国内発売
LGがMWC 2014で「LG G Pro 2」を発表することを表明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP