ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2億円相当私服掲載本出版の香取慎吾 本が6850円の理由語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芸能界きっての服好き。撮影したこの日も私服で登場したSMAP・香取慎吾(36才)。そんな彼の私服をまとめたファッションブック『服バカ至福本』(集英社刊・6850円)が出版される。

 香取が15年間で集めた私服の数は2tトラック2台分、総額2億円に相当。その全アイテムがスタジオに搬入され、5日間かけて撮影が行われた。香取に、私服について聞いた。

――私服本を出そうと思ったきっかけは?

香取:中居(正広)くんの本がきっかけですね。私服は私服でも中居くんの作った本とは全く違うものを作ろうと思ったんですよね。あれは300円って値段も面白かったので、金額の上がったものをあえて作ろうと思いました。金額に差がついたら面白いとは思っていたんですけど、それにしては高い本だなと思って…。

 初回のプレゼントとしてTシャツ付けたいとは言っていたんですけれども、最終的にこれを全部に付けることになっていて、そりゃこの金額になるなって思って。だって「MAISONKITSUNE(メゾンキツネ)」のTシャツはこの値段では買えないでしょ。Tシャツ買ったらついでに本とDVDが付いてきたって感じですよ。

――お忙しいから私服を着ている時間はあまりないんじゃないですか?

香取:本当に朝と帰りだけですね。それでも気に入った服を着たいから、毎朝決めます。決める時間がない時に上下アクネのスエット着て、最後にジャケット羽織って。楽なコーディネートなんですけどお洒落に見えますよね。アクネのスエットはすごく好きで何着も持ってるんだけど、ずいぶん着古していて。そろそろ新しいものを買いに行きたいな。

――タレントさんがこれだけの私物を披露することってあんまりないですよね?

香取:どっちかというとぼくは人に見てもらいたいからお洒落したい。お洒落だねって言われたいってところもあって。それをこんなに見てもらえるチャンスがあるのは本当に嬉しいし楽しい。あと、ブランド同士のコラボレーションができたっていうのは、自分にとっても夢のようです。

※女性セブン2014年2月6日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
潮田玲子&浅尾美和 美人アスリート「私服で鎖骨見せ」対決
福山雅治も魅了する有働アナ TVでは見られない私服姿を公開
中野美奈子アナ 私服ではタイトな膝上丈のスカートで攻める

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。