ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

凍りついたナイアガラの滝は偽物? ネットのガセネタに注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日々ネットで起きている出来事を考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人いしたにまさき氏が解説。今回はネットで蔓延するガセネタについて紹介します。

 * * *
 ソーシャルメディアを中心として「カリフォルニアで巨大いかが打ち上げられた」というニュースが広がりました。しかしこれを少し検証してみると、発信元のサイト名が「軽く煮込んだバカ」という冗談のような名前だし、そもそもの画像合成のできも悪く、でっち上げ記事ということがすぐにわかりました。

 海外からの記事だと、どうしてもホントのことかどうか確認することをさぼってしまいがちになりますが、大抵のウソ記事はわりとすぐに検証されることが多いので、ちょっと怪しいかな? と思ったら検索して調べてみましょう。

 そして、ちょうど同じ頃、アメリカには大寒波が襲来し、寒波の影響で普段とは全く違う風景となったアメリカ各地の写真もネット上にたくさん流通していました。その中でも特に話題になったのが、ナイアガラの滝が凍った!という写真。これは、世界中の誰もが知っている大きな滝が凍ったというニュース性と写真のインパクトのなせる技です。

 ところが、そのナイアガラの滝が凍った写真は現在のものではなく、2007年のものだったのです。これはすぐにウソとバレたのですが、ここから話が少しややこしくなったのが、このウソの写真が出回った後の1月10日にナイアガラの滝が今度はホントに凍ったのです。またミシガン湖の灯台が凍ったという写真でも同様のことが起きています。衝撃的すぎる写真の見極めにはご注意ください。

※女性セブン2014年2月6日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
過激情報が蔓延するネット 知恵吸収段階の小中高生に必要か
ビートたけし 視野の狭いオタクが飯のタネにされる構図解説
「明日、ママがいない」抗議騒動 スポンサーが納得する条件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP