体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安倍政権の経済運営をどう評価するか?ポリシーウォッチによるシンポジウム開催です。

政治・経済・社会

 竹中平蔵氏率いるポリシーウォッチが今月31日金曜日19:30〜21:00まで六本木ヒルズの49階にあるアカデミーヒルズにてシンポジウムを開催します。
昨年の1月30日、ポリシーウォッチの会長で、日本の経済学会、国鉄民営化など改革に非常に影響力を持った加藤寛先生が亡くなられました。 この1月30日が加藤寛先生の1周忌で、それに近い日ということで1月31日に加藤先生の1周忌を偲ぶシンポジウムをポリシーウォッチとして開催する模様です。
1/31ポリシーウィオッチHPより
http://policywatch.jp/
http://www.academyhills.com/school/detail/policywatch140131.html

下記岸博幸氏インタビューと書き起こしです。

記者: いよいよ2014年になった訳だが、今年の株価はどうなるのでしょうか?

岸: この問題で大事なのは、日経は嘘ばかり言っているという事。絶対に信用してはいけません。
ああいう所のファンドは当然よく分かっている。消費税の増税があるので、4月から6月は確実にマイナス成長で株価も当然下がります。そこでどうなるかといういくつかの可能性が議論されています。一番現実的なシナリオは、というのはあるんですが、まだ言えません。

記者: こういった事も1月31日には踏み込んだ話が聞けるのでしょうか。

岸: まず告知しないといけません。1月31日夜7時半から9時過ぎまで六本木ヒルズの49階アカデミーヒルズで、竹中平蔵先生率いるポリシーウォッチがシンポジウムを開催します。ポリシーウォッチは、もともと会長だったのが、国鉄の民営化などをやってきた加藤寛先生でした。この経済政策の一番の大家が亡くなられて、1周忌に、メインテーマは、もし加藤先生が生きていたら、今のアベノミクスをどう評価するか、これで日本経済は復活するのかとして行います。ポリシーウォッチのメンバーがみんな出ます。例えば、日本の経済について一番詳しいモルガンスタンレーのロバート・フェルドマン。海外の事も分かっていますから、株がどうなるか、それをいい方向にするにはどうなるのかについても話をする予定です。

記者: 同じ時期に都知事選もやっていますが。

岸: 都知事選も論戦が始まっていますが、難しいです。可能性は、大方2人の候補になってきたが、片方の陣営にはポリシーウォッチ代表の竹中平蔵の元ボスが入っており、もう片方の有力候補も竹中は深いつながりがあります。それぞれが、どういう政策を掲げているのか、都知事選直前でもあるので、主要候補の政策の検証も当然する事になります。
成長戦略としてのアベノミクス3本目の矢として、唯一成功する政策が、国家戦略特区ですが、この国家戦略特区の中で、東京の特区をどうしていくのか、どちらの候補が関わったらどうするのか、しっかり議論をしてもらおうと思います。

記者: タイミング的には都知事選直前になるが、そうなると爆弾問題というのも出てくるなどもあるのか。

1 2次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会