ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acerは「AerialCast」と呼ばれるHDMIドングル型のメディアストリーミングデバイスの発売を計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Acerが、「AerialCast」と呼ばれるHDMIドングル型のメディアストリーミングデバイスの発売を計画していることが判明しました。1月24日付でLite On Techの開発した「PPQ-WN4507L」がFCCの認証を取得したのですが、FCCへの提出資料にこの製品はAcerブランドの製品だと明記されています。具体的な機能は不明ですが、マニュアルにはテレビや外部モニタにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの動画をストリーミングする機能を提供すると記載されています。Miracast、Intel WiDi、DLNAのいずれかに対応した受信機なのでしょう。通信規格はWi-Fi a/b(5GHz帯)にしか対応していません。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Acerは年内にもウェアラブルデバイス市場に参入する計画、LTE対応スマートフォンの発売も検討中
NTTドコモ、DCMX会員向けの「iD」専用プラスチックカードを2月17日より発行
1TBのストレージを利用できるマルチプラットフォーム対応のクラウドストレージサービス「Teraクラウド」が提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP