ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、今年は大画面・高解像度なハイスペックタブレットに専念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは今年のタブレット市場における取り組みについて、ビジネスにも適したハイエンドモデルに注力することにしているそうです。このことは24日に韓国で行われた同社の決算説明会のカンファレンスコールで同社幹部のKim Hyunjoon氏が明らかにしたことだと伝えられています。韓国メディアの報道によれば、彼は、事業戦略として大画面・高解像度のディスプレイを備えたハイエンドモデルで新たなタブレットカテゴリを確立すべく、製品の開発に専念していると述べたそうです。彼はさらに、そららを「Galaxy Tab」やそれを改変したブランドの下、今後も多数の製品を投入していくことも明らかにしたと伝えられています。CES 2014で発表されたGalaxy TabPROやGalaxy NotePROはその第1弾になると見られます。Source : ZDNet Korea



(juggly.cn)記事関連リンク
「ZTE G601U」はG’z One風のデザインを採用したタフネス仕様のAndroidスマートフォン
SamsungとKT、LTEネットワークにおける映像の同時配信技術「LTE eMBMS」を利用した商用サービスを1月27日より提供
米AT&T向け「Padfone X」のスペックシート画像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。