ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベンガルトラとの熱烈キス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野生のベンガルトラは、時に人間を襲うこともある獰猛な動物として知られている。しかし、ムーランと名付けられた写真のトラは、“乳母”であるアブドゥラー氏(写真右)の前では、まるで可愛らしい猫のような表情を浮かべている。

【画像や図表を見る】

それもそのはず、インドネシア・マラン在住のアブドゥラー氏は、ムーランが生後3カ月の時から世話をするようになり、現在6歳になるまでともに生活をしてきた。その寵愛ぶりは、1日のほとんどの時間をムーランの飼育に割くほどで、寝るときも一緒だという。

動物が相手の口に自分の口をつけるしぐさは、「求愛」もしくは「甘え」といった好意のサインとされている。仲むつまじいキスシーンに、癒やされる人も多いだろう。
(R25編集部)

ベンガルトラとの熱烈キスはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
世界の「ねこマップ」作成進行中
リアルすぎるカンガルーの格闘動画
クマに襲われないためには?
「フレンチキス」の誤解と真相
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP