ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、音声通話とパケット通信をセットで定額化した新サービスを4月21日より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは1月24日、国内では初となる音声通話とパケット通信をセットで定額化したスマートフォン向けの新たな通信サービスを2014年4月21日より提供すると発表しました。従来のサービスは音声通話とパケット通信に別々で加入する必要がありますが、4月21日より提供される新サービスでは、契約プランを3種類の中から選択するだけで、音声通話とパケット通信を利用できるようになります。しかも、両方とも定額制です(上限はあります)。提供プランは、月額5,980円の「Sパック」、月額6,980円の「Mパック」、月額9,980円の「Lパック」の3種類。Sパック:1回3分の通話なら月50回利用可能、パケット通信量の上限2GBMパック:1回5分以内の通話なら月1,000回利用可能、パケット通信量の上限7GBLパック:1回5分以内の通話なら月1,000回利用可能、パケット通信量の上限15GB※超過分:音声通話は30円/30秒の従量制、パケット通信は100~250円/100MB or 128kbps制限もちろん、4月21日以降も従来のホワイトプランとパケット定額サービスを利用できるので、新サービスの開始時点では単に契約プランの選択肢が増えるだけのことになります。選択肢が増えることから、より自分の利用スタイルに合ったプランを選択できるようになると言えます。また、Wi-Fiスポットとテザリングオプション用に「専用基本料」オプションも980円(2年契約)/1,960円(長期契約無し)で提供されます。これに加入すると、ソフトバンク携帯宛の通話料は24時間無料になります。なお、S!ベーシックパックは別提供です。つまり、新サービスでスマートフォンを利用するのに必要となるのは、S/M/Lパック+S!ベーシックパック(月額315円)+(オプションで)専用基本料となります。新サービスの対応機種は、SoftBank 4G、SoftBank 4G LTEに対応した全機種。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Acerの低価格な5インチスマートフォン「Liquid Z5」が台湾や欧州の一部で発売開始
Xperia Z1 Compactがスウェーデンで発売開始
Galaxy Note 3のAndroid 4.4.2アップデートが韓国やインド、マレーシアでも開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。