ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクが通話料定額サービスを4月21日から開始 『LINE』などの無料通話アプリに押された結果か

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ソフトバンクはスマートフォン(SoftBank 4G/SoftBank 4G LTE対応機種)の音声通話に定額制料金を導入すると発表。サービス開始時期は4月21日から。音声定額とパケット定額をパックにした新たな定額サービスは3種類あり、Sパックがパケット通信料2GBまでとなっており月5980円、Mパックは7GBまでとなり6980円、Lパックは15GBとなり9980円となる。

それぞれの音声通話はSパックが3分以内/月50回、MパックとLパックが5分以内/月1000回となっている。超過分は30円/30秒の通話料がかかる。

定額サービスを必用としないユーザーのためにホワイトプランも継続してサービスを行う。

こういった音声通話定額サービスは『LINE』を代表とする無料通話アプリの影響もあるのではないかと言われている。

スマートフォンの音声通話とパケット通信がパックになった定額サービス!(ソフトバンク)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP