ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

情報収集を効率化してくれるニュースアプリ「NewsBrain」、読み上げ機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

興味のある分野を設定しておくと、関連したニュースを集めてくれるニュースアプリは便利だ。新聞や雑誌、ウェブメディアなどさまざまな媒体から最新情報をひっぱってきてくれるので、自分自身で検索・収集する手間が省ける。

米国ニューヨーク拠点の「Leptonic Systems」が展開している「NewsBrain」もそうしたニュースアプリのひとつだが、このほど行ったアップデートで記事を読み上げる新機能を加えた。画面で読まなくても、車の運転中、電車に乗っているとき、ジョギングや料理をしている時などに聞けるというもの。効率よく最新ニュースをキャッチアップできるので、忙しい現代人には嬉しい機能だ。

Leptonic Systemsによると、このtext-to-speech機能は読み上げ中に携帯端末のロックスクリーンに記事のイメージを表示したり、記事の文章が流れるようにしたりするなどして画面をカスタマイズできるという。音声を一時停止したい時は画面をタップし、スワイプすると次のニュースに移動するなど、直感的なつくりになっている。Bluetoothスピーカーにも対応する。

アプリ(iOS)のダウンロードは4.99ドル。英語のニュースに日々接しながら忙しい生活を送っている人には、使い勝手のいいサービスだろう。視覚的にニュースを取り入れるより耳で聞いた方がいい、という人にも向いている。

Leptonic Systems

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP