ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仲良し夫婦が切り盛りする深夜繁盛店の人気メニュー「ポーポロ風広東麺」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


1月21日の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では、「新東京見聞録」のコーナーで「ワケあり!? 真夜中の繁盛店」と題した特集が放送され、東京都墨田区の食事処「ポーポロ」が紹介された。

 深夜0時過ぎでもほぼ満席状態の「ポーポロ」は、深夜営業を始めて35年。店名の「POPOLO」がイタリア語で「人々」を意味するように、店内はいつも多くの常連客でにぎわう。一番人気の「カツ煮」、しょうがたっぷりの「ポークソテー定食」など、どのメニューもボリューム満点だが、おかみさんのおすすめは「ポーポロ風広東麺」。エビ、イカ、豚肉、野菜7種類と具だくさんの名物メニューで、夜遅くまで働く人に野菜をたくさんとってもらおうとの心配りから生まれた料理だという。試食したフランス出身のタレント・アランさんは、「めっちゃおいしい。濃厚なのに細麺だからすっと食べられる」とコメントした。

 こちらのお店はもともと喫茶店で、最初から深夜営業だったわけではなく、おかみさんが病気をして、昼間に働けなくなったため、深夜のみの食事処として営業している。お店は仲良し夫婦で切り盛りしているものの、2人が一緒にいる時間は毎日2時間程度。すれ違い具合がちょうど良いというおかみさんは、生まれ変わっても、もう一度結婚するだろうと語った。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:ポーポロ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:押上のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:押上×その他の料理のお店一覧
冬の味覚の王様「松葉がに」のカニ尽くしコース ローラ大絶賛

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP