体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

作画魔術を体感! 『リトルウィッチアカデミア』展覧会がすごい

作画魔術を体感! 『リトルウィッチアカデミア』展覧会がすごい

「アニメミライ」公式サイトのスクリーンショット
文化庁の若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ」の2013年度の作品『リトルウィッチアカデミア』の展覧会「『リトルウィッチアカデミア』とアニメミライ~等身大原動画でみる作画の魔術~」が、アーツ千代田3331にて、2月22日(土)から27日(木)までの6日間開催される。

作画の魔術師の技を体感

『リトルウィッチアカデミア』キービジュアル

『リトルウィッチアカデミア』キービジュアル / トリガー公式サイトより

『リトルウィッチアカデミア』は、「アニメミライ2013」プロジェクトで制作された、約25分の短編アニメーション。

『新世紀エヴァンゲリオン』や『天元突破グレンラガン』などで活躍した名アニメーター・吉成曜さんの初監督作品で、制作スタジオは、現在絶賛放送中のTVアニメ『キルラキル』のトリガーだ。

幼いころ見た魔法ショーで魔法に憧れ、魔女育成名門校に入学したアッコだが、授業では空回りの連続。しかし、ある日授業中に起きたハプニングで学校が崩壊の危機に立たされた時、仲間と共にこの危機に立ち向かっていく──というストーリー。

本編をYouTubeやニコニコ動画で公開したところ、国内のみならず海外からも人気を集め、2013年7月にアメリカのクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で続編製作資金を募集すると、開始から5時間で目標の15万ドル(日本円で約1500万円)を達成してしまったほどだ。

この度の展示は、そんな『リトルウィッチアカデミア』の魅力を、アニメーターの“技”に焦点をあてて紐解く企画となる。展示の見どころは、300点に及ぶ直筆原画等身大原動画だ。

300点の直筆原画は今回が初公開となっており、30メートルに渡って展示され、一大パノラマとして展望できる。

また、多くのファンを虜にしたキャラクターの「動き」を、連続する原動画を等身大サイズに拡大したインスタレーションによって、リアルに体感することができる。

本展示会の主催は、「コードギアス亡国のアキト展」や「魔法少女まどか☆マギカ等身大原動画展」などを手がけたこともある、明治大学国際日本学部の森川嘉一郎研究室。会場となるアーツ千代田3331は東京・秋葉原の近郊に位置し、「大友克洋GENGA展」をはじめ、これまでにも様々なアニメ関連の展示が行われてきた場所だ。

さらに、同じく「アニメミライ2013」の作品である『デス・ビリヤード』についての展示や、公開直前の「アニメミライ2014」の4作品についても特設展示を設け、未公開情報が見られるとのこと。

そして、これだけのボリュームで貴重な資料が展示されるにもかかわらず、入場料は無料となっている。これは、行くしかない!

「2014」作品公開間近!

5年目に突入した「アニメミライ」プロジェクトだが、最新作「アニメミライ2014」がいよいよ3月1日(土)より公開される。

「2014」は、以下の4社4作品が参加。

『アルモニ』

「アニメミライ」公式サイトより

『アルモニ』

制作:ウルトラスーパーピクチャーズ(『キルラキル』、『蒼き鋼のアルペジオ』)
監督:吉浦康裕(『サカサマのパテマ』、『イヴの時間』)

『大きい1年生と小さな2年生』

「アニメミライ」公式サイトより

1 2次のページ
エンタメ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。