ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画家・渡瀬悠宇「読者の皆様には生き証人になって頂きたい」―革神語初代担当編集との確執を告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大人気漫画『ふしぎ遊戯』の作者として知られる、漫画家の渡瀬悠宇さんが、小学館・週刊少年サンデーで連載中の『アラタカンガタリ~革神語~』(以下、革神語)のリマスター版(加筆・修正版)出版に至った裏側を、自身のブログを通じ告白している。

【関連:昨年逝去した“やなせたかし氏”誕生日に「ありがとう会」開催―参加誰でも可能】

 1月21日に投稿された「リマスター原稿!!描いても描いても終わらない笑」では、革神語の初代担当編集“I氏”という人物に触れ、担当中、作品に対し過度な干渉が行われていたことを明かしている。

 I氏には当初に、渡瀬さんの頭の中にあった革神語の構想、そして先の展開まで説明していたというが、連載が始まると、I氏の思い通りにならないネームは通さない、大切なシーンでもI氏が理解できないシーンはカット、その場しのぎの展開を押し付けられる、しまいには「俺の言うとおりに描け」とばかりに毎回口を挟んでくるなどがあったという。

 勿論それに対し、渡瀬さんも反論していたそうだが、意見を通すと後にここぞという機会見つけ「噛みついてくる」、さらには「意味不明な直し」を週刊誌体制で何度もさせられるなどがあり次第に疲弊。
 「いつしか読者さんのためでなく、作品のためでもなく《担当さんに通るためのネーム》をビクビクしながら作ってしまっていました。」、「混乱と憔悴で、創作意欲低下と漫画家やめよう、とまで追い詰められてしまいました。」とその時の心境を語っている。

 ただ幸いにも、単行本10巻あたりで担当がI氏からK氏という人物に変わり、K氏に変わってからは「出すネームはちゃんと理解してもらえ、変更があるとしても台詞くらい?その後も、今もずっとあんなその場しのぎの描き直しはさせられない。」、さらには「展開に基づいた、物語がどうしたら面白くなるか、相談に乗ってもらえています。」と状況は好転していると報告。

 なお、今現在、渡瀬さんが取り組んでいるリマスター版は、週刊連載と同時進行で行われている。この作業は、当初渡瀬さんが構想していた、キャラクターの気持ち、行動や、エピソードを元に戻す作業のため、作業量は膨大というが「1ページ、1コマ、直すたびに自分を取り戻していっている気がします!」と前向きな気持ちを明かしている。

 そして、最後の方では人の意見で作らされたものと、作家が考え抜いて作った作品の差を確かめて欲しいとし、「これは、作家としての誇りの戦いなのです。読者の皆様には生き証人になって頂きたい。 大げさ?(笑) 結局は折れて負けて自分を殺して作ったものなので、責任はあるのでやり切ります。」と最後までやりきる覚悟を語っている。

参考・引用:
渡瀬悠宇ブログ『日月の聲(こえ)』

※「」中の文章は、渡瀬悠宇ブログ『日月の聲(こえ)』からそのまま引用しています。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP