ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

削除の小泉氏ツイッター 細川氏も紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月23日の都知事選公示を目前に、出馬を表明している細川護煕元首相を支援する小泉純一郎元首相の公式ツイッターアカウントが、波紋を呼んでいる。

【画像や図表を見る】

小泉氏のアカウントが開設されたのは、1月19日午後8時34分のこと。最初の投稿は、「第87,88,89代内閣総理大臣を務めました小泉純一郎が、Twitterを開始することになりました。公式Twitterアカウント@J_Koizumi_Japanです。どうぞよろしくお願い致します。スタッフ」という内容だった。

このアカウントには、ツイッター社が本人であることを保証する認証済みのマークが付いていたが、時事ドットコムは翌20日、小泉氏の事務所が「本人はツイッターをやっていない」と発表したと報道。事務所はツイッター社に対し、登録を取り消すように求めているとのことだった。

一方で、細川護煕氏の公式ツイッターアカウントは1月17日に開設。19日には「小泉純一郎元総理大臣が、Twitterを開始されました。おめでとうございます。 @J_Koizumi_Japan (スタッフ)」と、小泉氏のアカウント開設を告知している。

開設から1日足らずでフォロワー数は7万人以上となるなど、さすがは小泉氏といった感じだったが、まさかの“なりすまし”報道にネットユーザーも混乱。2ちゃんねるの「【政治/ネット】小泉元首相の事務所、「ツイッター開始」を否定 なりすましか[14/01/20]」というスレッドでは、

「小泉とtwitterってのに違和感はあったな。
橋下みたいに論理で戦うタイプじゃないから」
「細川の方もそうなのかもしれんぞ
勝手に陣営の誰かがやるにしても本人に即座にバレるだろうになんだろうこれ」
「ツイッター本社が本人認証してるってことは細川陣営の奴らが勝手にアカウント作ったんだろうな」
「スタッフがフライングしたんじゃ?」

などと、憶測が飛んでいる。

さらに、21日には、小泉氏のアカウントは削除され、閲覧できない状態となった。

誰がどういう目的で開設したものなのか、不明のままの小泉氏の公式アカウント。誰がどういう目的で解説したものなのか、不明のままの小泉氏の公式アカウント。22日17:00から行われた細川護煕氏の都知事選出馬会見では、特に説明は行われなかった。
(R25編集部)

削除の小泉氏ツイッター 細川氏も紹介はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
FBで“なりすまし”報告が急増中
村本 法的措置騒動でネットを翻弄
鬼龍院翔 トラブル相次ぎツイ退会
家入氏クラウドで選挙費用調達?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP