ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、3辺狭額縁デザイン・質量263gの小型軽量7インチタブレット「AQUOS PAD SHT22」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは1月22日、auタブレットの2014年春モデルとして、シャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SHT22」を発表しました。発売時期は2014年2月下旬です。約1年ぶりに発売されるAQUOS PADの第2弾「SHT22」は、同日発表された「AQUOS PHONE SERIE SHL24」と同様に、ディスプレイ外枠をできる限り削ってスリム化を図った「EDGEST」デザインが特徴の7インチタブレットです。タブレットでこれほどまでに狭額縁なものはなく、SHT22では初の試みになるので注目に値すると思います。筐体サイズは173 x 104 x 9.9mm、質量はわずか263gです。しかも、防水 (IPX5/7)にも対応しています。

ディスプレイは7インチ1,920×1,200ピクセル(WUXGA)のIGZO液晶を搭載。SHT22は、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア、2GB RAM、1,310万画素カメラを搭載するなど、ハードウェアスペックはAQUOS PHONE SERIE/SERIE mini並みなので、性能には満足できると思います。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載。新たに「Passtock」と呼ばれるスマートフォンとの連携機能が追加されています。Passtockでは、スマートフォンの画像やURLなどをWi-Fi Direct機能を利用して、画面上の「共有ボタン」→「ストックする(Passtock)」を選択するだけでタブレットに同期できるほか、タブレット上で電話番号をタップすると、スマートフォンから発信し、タブレットではWEBページの閲覧を継続することができます。OS:Android 4.2(Jelly Bean)サイズ:173 x 104 x 9.9mm、質量263gディスプレイ:7.0インチ、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)、TFT液晶(IGZO)、1,677万色プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHz(クアッドコア)GPU:Adreno 330メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB外部メモリ:microSD/microSDHC/Micro SDHX(最大64GB)リアカメラ:1,310万画素フロントカメラ:210万画素対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 850MHz(Badn 5)/1900MHz(Band 2)/2100MHz(Band 1)、CDMA2000 800MHz(BC0)/2100MHz(BC6)、LTE 800MHz(Band 18)/1500MHz(Band 11)/2100MHz(Band 1)通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大12Mbps)通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応、HT80モード対応)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B)、W-Fi Direct、Miracast、DLNA(DTCP-IP対応)外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSBセンサー類:-バッテリー:4,080mAh待受時間:1170時間(3G)、980時間(LTE)通話時間:通話機能はありませんカラー:ホワイトEメール(~@ezweb.ne.jp):○Cメール(SMS):×auスマートパス:○Felica:×NFC:○(TypeA/B)ワンセグ:○フルセグ:○赤外線通信:×防水:○(IPX5/X7)防塵:×テザリング:○(Wi-Fiは最大10台)WIN HIGH SPEED:○WiMAX:×4G LTE:○緊急速報メール:○グローバルパスポート:-Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 3をAndroid 4.4.2にアップデートするとサードパーティのSビューカバーが機能しなくなるらしい、Galaxy端末用アクセサリーの認証制度が開始?
Qualcomm Snapdragonの2015年Q1までのロードマップ資料が流出、2014末~2015年Q1には20nmプロセッサ「MSM8994」が登場
ソチオリンピック仕様の「Galaxy Note 3 Olympic Games Edition」がオランダで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP