ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OmniROMの開発チームがwebOSの仕組みを活用した新マルチウィンドウ機能のコンセプトを披露(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidベースのカスタムROM「OmniROM」の開発チームがOmniROM用の新しいマルチウィンドウ機能のコンセプトを発表しました。マルチウィンドウ機能は、端末の画面上に複数のアプリ窓を表示し、作業の効率性をアップさせる機能と利用されています。SamsungはGalaxy Noteスマートフォンを始めとした多く機種に‟マルチウィンドウ”という機能を提供しており、Sony Mobileも‟スモールアプリ”という名前でアプリの画面を小窓表示する機能の提供しています。OmniROMのマルチウィンドウ機能は、Galaxyデバイスのように画面を分割してそれぞれに異なるアプリを表示することは可能で、さらに、ジェスチャー操作により画面の脇から別のアプリ窓が積まれたようにして表示され、本のページをめくるようにして複数のアプリを切り替えることも可能となっています。後者の方法はwebOSのマルチタスクシステムの中で使用されている‟スタック”UIにインスパイアされて開発しているとしています。Source : OmniROM



(juggly.cn)記事関連リンク
Qiワイヤレス充電対応のGalaxy S 4用Sビューカバーが米国で発売開始
京セラ、米Cricketに防水対応スマートフォン「Hydro Plus」を投入
「Motorola Migrate」アプリでiCloudからのデータ転送が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP