ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1f SO-02Fでホーム画面をガラケー風にする「シンプルホーム」機能を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Xperia Z1f SO-02Fに標準搭載されているガラケー風のシンプルで見やすいホーム画面を実現する「シンプルホーム」機能を紹介します。Androidスマートフォンのホーム画面はアプリやショートカット、ウィジェット、ライブ壁紙など使って、自分好みの内容に仕立てることができます。そういった自由度の高さがAndroidの魅力の一つです。しかし、スマートフォンを使い初めたばかりで操作に慣れない方や何もかもが小さすぎて見づらいと感じる方はたぶん結構多いと思います。そんな方はXperia Z1fのシンプルホームを試してみてください。全体がガラケー風のシンプルで操作しやすく、また、画面の表示も大きくて見やすい内容に切り替わります。シンプルホームも一つのホームアプリです。端末の設定メニューを表示し、「個人設定」→「シンプルホーム」→「OK」をタップするだけで、切り替えることができます。シンプルホームでは、ホーム画面に利用頻度の高いアプリ、「ツール」や「メディア」といったカテゴリのフォルダ(しかもアプリは自動で抽出されます)、3人までの短縮番号が表示されます。表示されるものはこれだけです。左右に移動したり、ウィジェットを配置する機能はありません。さらに、アイコンと文字も大きくなります。画面下の3つのアイコンは短縮ダイヤル機能です。頻繁に電話する人を登録しておけば、アドレス帳を探さずにダイレクトに電話発信できます。「その他アプリ」はインストールアプリの一覧です。端末の設定などを変更する場合は「シンプル設定」をタップしてみてください。ガラケーのような構成のメニューが表示されます。これなら分かりやすいですよね。ホーム画面のアイコンの入れ替えや並べ替え、壁紙の設定も可能です。機能はこれだけです。実は私もシンプルホームユーザーです。理由は(メインマシンでは)あまりホーム画面をカスタマイズしないからです。ホーム画面ではアプリを起動できればよく、それなら機能が限定されていて、誤操作がなく、アイコンも大きく表示されて見やすい方が良いかなと思ってシンプルホームを使っています。デフォルトのホーム画面に戻ることも簡単なので、仕事中や外出時のみシンプルホームにするという使い方もありだと思います。



(juggly.cn)記事関連リンク
2014年2月下旬より「Xperia SO-01B」と「LYNX SH-10B」でGoogle Playストアにおけるspモードコンテンツ決済が利用不可に
KDDI、「Xperia Z Ultra SOL24」と「G Flex LGL23」の予約受付を開始、価格も公開
LG、2014年のスマートフォン複数機種に指紋認証機能を導入へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP