ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CoCo壱番屋「カレー世界王者」であり続けるための仕組みとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月22日は「カレーの日」。1982年1月22日に全国学校栄養士協議会が全国の小中学校で一斉にカレー給食を出したことから記念日に定められたという。

 子供から大人まで幅広い人気を誇るカレーは国民食といっていい。日本人は週に1回以上、1年間で約78回はカレーを食べているというデータもあるほどだ。核家族化や単身世帯の増加により、近年は家庭でルウから調理する頻度が少なくなったとの声も聞かれるが、その代わり街中には手軽に本格的なカレーが味わえる専門店が溢れている。

 チェーン展開を図るカレーショップの勢いも止まらない。市場調査会社の富士経済によれば、その市場規模は2013年見込みで888億円あり、2010年から伸び続けている。

 数あるカレーショップの中でも独り勝ち状態なのが、壱番屋がFCチェーン化している「CoCo壱番屋」、通称ココイチである。

 国内に1267店(2013年12月末現在)あり、店舗売上高は710億円。いずれも業界シェアは80%前後を占める。また、海外進出にも積極的で中国、台湾、アメリカなど116店を展開。昨年には何とカレーチェーンの店舗数でギネス世界一に認定された。

「ゴーゴーカレー」(ゴーゴーシステム)や「サンマルコ」(曲田商店)、「カレーのチャンピオン」(チャンピオンカレー)といった新興勢力も店舗数を着実に増やしているものの、シェアはわずか3~4%止まり。

 なぜ、ココイチばかりが強いのか。フードアナリスト(日本フードアナリスト協会所属)の重盛高雄氏が解説する。

「カレーの辛さからご飯の量、上にのせるトッピングまでお客さんが自由に選ぶことができるので、家族連れで行ってもそれぞれが好きなカレーを注文できる安心感があることが支持される理由だと思います。

 それだけメニューを多様化すると各店のオペレーションが大変になるので他チェーンは真似できません。ココイチはFCオーナーやスタッフ教育をはじめとする店舗運営のノウハウを高めてそれを可能にしているのです」

 ココイチには独自の“のれん分け制度”があり、一定のスキルを有して審査基準を満たせばオーナーとして独立できる仕組みがあるという。「審査に通ればお金がなくても壱番屋の保証で銀行から融資が受けられるので、独立を目指す従業員のモチベーションは高い」(外食専門誌記者)というわけだ。 

 だが、そんなココイチも王者であり続けるためには不断の努力が欠かせない。

「トッピングのオーダー率が上がって客単価は850円とカレーの値段としては高いほう。いくら高額メニューが売れる時代といっても、消費者は値段と味がマッチしなければ財布のヒモはなかなか開きません。

 また、レトルトカレーの味もどんどん進化している中、何回もココイチで食べたいと思わせる新メニューの開発やキャンペーンも次々と行わなければ飽きられてしまいます。

 今のところ“ご当地カレー”や鹿の肉を使った変り種カレーのキャンペーンなどで成功していますが、それを続けるのは並大抵のことではありません。また、テイクアウトやドライブスルー、宅配といった店舗の多機能化でどこまで客層の拡大を図ることができるかも、今後の成長を占うカギとなるはずです」(前出・重盛氏)

 まだまだ日本独自の進化を遂げそうなカレー。果たして今年はココイチの牙城を脅かすカレーショップが出現するか。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カレー専門店 シェア8割の絶対王者ココイチはなぜ強いのか
ココイチ 店舗限定メニューが人気 鹿肉カレー、きしめんも
任天堂・岩田社長 風呂敷広げすぎてWii U値下げできず窮地に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。