ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「Honey Bee 201K」のソフトウェアアップデートを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは1月21日、京セラ製Androidスマートフォン「Honey Bee 201K」に対して機能改善を目的としたアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートでは、‟Wi-Fi接続の機能性向上”としか記載されておらず、具体的にどのように変わるのかは示されていません。更新ファイルは201K単体でダウンロード可能です。「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「120.1.2320」です。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
SonyがXperia Z Ultra Wi-Fiモデル(SGP412)を正式発表、国内では1月24日に発売
KDDI、上下にカーブしたボディを持つ6インチスマートフォン「G Flex LGL23」を発表、1月25日に発売
KDDI、Sony Mobileの6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra SOL24」を正式発表、1月25日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP