ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【中国】アニメ模倣し10歳男児が友達2人を火あぶり―一審ではアニメの因果関係認め制作会社に賠償命令

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年4月6日に中国江蘇省連雲港市で起こった、当時10歳の男の子がアニメ『喜羊羊与灰太狼』(シーヤンヤンとホイタイラン)を模倣し、7歳と4歳の兄弟を木に縛って火をつけ、兄に全身の40%、弟に80%以上の大やけどを負わせた事件で、江蘇省東海県人民裁判所は12月18日、10歳の男児の保護者の他、アニメ制作会社に対しても賠償を命る一審判決を出したと中国関連メディアが複数報じています。

【関連:中国科学院が独自OSを開発!!→どっからどうみてもHTC製OS】

 一審判決では、アニメ制作会社の広東原創動力文化伝播有限公司に対し原告損失の15%に当たる3.9万元(約67万円)、加害者の保護者には原告損失の60%に当たる15.7万元(約270万)、そして残り25%は原告の自己負担とそれぞれに賠償を命じたとのこと。

 『喜羊羊与灰太狼』は2005年に中国で開始されたテレビアニメで、2009年以降は毎年、日本でいうお正月映画も公開されるなどその人気は絶大。

 ただ一方で、児童向けアニメながら、登場キャラクターが鍋で殴られたり、電気ショックを与えられるなどの反社会的・暴力的シーンが頻繁に描かれており中国国内でも一部問題視されていました。

 今回の法廷ではそれを裏付けるため、170話ものストーリーを分析。結果そうしたシーンは13500回以上あったそうです。今回の判決はアニメと事件の因果関係が裏付けられた結果と報じられています。

 なお、今回の事件以降、『喜羊羊与灰太狼』ではこうした暴力的シーンを抑えソフト路線に変更されています。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP