ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Paranoid Android 4.0 Beta 3がリリース、「QuickSettings 3.0」が実装されたほか、ステータスバー/ナビバーだけのImmersiveモードも可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModベースのカスタムROM「Paranoid Android」のAndroid 4.4バージョン「Paranoid Android 4.0」のBeta3が昨日リリースされました。Beta 3の主な変更内容は、ブートアニメの刷新、オプション利用の際にダイアログを表示する「on-the-spot」機能の追加、「QuickSettings 3.0」機能の追加、没入型フルスクリーンモード(Immersiveモード)の動作モードの拡充、QuickSettingsパネル上の輝度スイッチの長押しによる自動モードのON/OFFの追加などです。on-the-spotダイアログはBeta 3の場合だと、QuickSettingsパネルを利用する際に表示されます。このダイアログでは画面端を下に引くと直接QuickSettingsパネルを表示するのかどうかを選択できます。「QuickSettigns 3.0」は各スイッチをより機能的にしたものです。右上に小さく表示されているボタンをタップするとスイッチの内容が別のものに切り替わります。例えば、位置情報スイッチの場合、通常はGPSのON/OFFトグルが表示されますが、スイッチ右上の小さなボタンをタップすると、スイッチの内容が動作モード(High/Low)のトグルに変わります。Immersiveモードの拡張では、新たにナビゲーションバーだけに適用する、ステータスバーだけに適用する動作モードが追加され、合計3つのImmersiveモードを利用できるようになりました。Source : Google+(Paranoid Android)、ROMのダウンロード先



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile D6503(Xperia Z2?)の壁紙3点が流出
エレコム、アプリの起動や端末設定の変更、画像・動画の閲覧をパスワードなどでロックするセキュリティアプリ「ELECOM Secret Lock」をリリース
Sony Mobileは新機種情報の流出を防ぐために試作機に特定ベンチマークアプリの起動を防ぐ仕組みを導入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP