ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンドウィッチマンも常連 一般の油揚げの4倍の厚さを持つ「三角あぶらあげ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


1月16日の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系、毎週木曜午後9時)で宮城県仙台市に住む県民の好きな食べ物について特集し、「定義とうふ店」(仙台市青葉区)が紹介された。

 明治23(1890)年創業の豆腐店である同店には、行列ができるほど人気の“おいしくて優しい三角形”の料理があるという。店舗を訪れると街中から離れた場所にかかわらず、大行列ができていた。店内に入ると来店客は枚数のみをオーダーし、店内で食べている姿が見かけられた。番組スタッフが注文すると出てきたのは「三角あぶらあげ」。一般的な油揚げよりも分厚く直角三角形の形をした油揚げで、はしを入れると厚揚げ並みの厚さがあった。行列に並ぶ客の大半が、三角あぶらあげが目当てで、七味としょう油で味付けをして食べ、女性はクレープ感覚で食べているという。

 作り方を取材すると、使用するのは油揚げ専用に配合されたしっとり感あふれる木綿豆腐で、通常の油揚げの4倍の厚さにカット。ふわふわ感を出すために一晩寝かせて水分を切り、四角い鍋を効率的に使うために「三角形にした」と同店の従業員は説明した。二度揚げしてサクサク感を出した三角あぶらあげは、もともとは「定義如来 西方寺」の参拝客向けに始めたもので、今では名物になっているという。スタジオゲストのお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんは「朝一で7枚食べたこともある」と語った。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:定義とうふ店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:仙台のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:仙台×和食のお店一覧
明石家さんまが水川あさみ行きつけの店へ 絶品の関西風豚しゃぶ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP