ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、テニスラケット用センサー「Smart Tennis Sensor(SSE-TN1)」を5月下旬に国内発売、スマートフォンやタブレットでスイングデータの分析が可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは1月20日、同社がCES 2014で披露したテニスラケット用センサー「Smart Tennis Sensor(SSE-TN1)」を5月下旬より国内発売すると発表しました。価格はオープンですが、実勢売価は18,000円前後とのことです。「Smart Tennis Sensor」は、テニスラケットのエンドキャップに取り付ける小型デバイスです。装着した状態でテニスボールの打つと、ショット時のインパクトポイントや球速、スイングタイプ、スイングスピード、ボールの回転数を計測し、スマートフォンやタブレットにBluetooth通信で転送します。各種データは専用アプリ「Smart Tennis Sensor」上でイラストや数値などで確認できます。「Smart Tennis Sensor」アプリにはテニスプレイヤーの動きを動画で撮影してテニスセンサーのデータと同期する機能もあり、スイングデータを実際のスイングモーションと照らし合わせて分析することも可能となっています。ラケット用センサーの寸法は、直径31.3mm、高さ17.6mm、質量8g。IP65の防塵・防水に対応しています。バッテリー駆動時間は、Bluetooth ON時90分、Bluetooth OFF時180分。充電時間は90分。商品にはアタッチメント、クレードル、クレードルキャップ、マイクロUSBケーブル、取り外しツール、キャリングポーチが付属します。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
MeizuのCEOが‟MX4G mini”の存在を認める
Paranoid Android 4.0 Beta 3がリリース、「QuickSettings 3.0」が実装されたほか、ステータスバー/ナビバーだけのImmersiveモードも可能に
SamsungはGalaxy S 5の生体認証機能を虹彩認証方式から指紋認証方式に切り替えたという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP