ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森喜朗元首相回顧録「そこまで言うか」と思わせるあけすけさ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 森喜朗元首相が評論家の田原総一朗と対談し、43年間にわたる政治生活の裏側を赤裸々に語った本が出た。『日本政治のウラのウラ 証言・政界50年』(講談社)だ。

 森の証言はまさに驚きと爆笑の連続である。政治家の回顧録はたくさんあるが、これほどあけすけに「そこまで言うか」と思わせた本はない。森をして「私の師匠」と言わせた田原が相手だからこそ本音の話になったのだろう。

 森は政界に入るきっかけについて「自民党石川県連のやり方がとにかく気に入らなかったわけね」「元知事とか元市長とか、元県幹部とか、そんなのばっかり出してね。政治家に対する尊敬もなく、長老の県議会議員どもが勝手なことをしていたのが、ぼくには我慢ならなかった」と打ち明けている。

 つまり、森も政治生活の原点は「反主流」の異端児だったのだ。「反主流派が世の中を変え、やがて主流派になる」という当コラムの仮説の正しさが、ここでも実証された思いがする。その森が小泉純一郎元首相について、こう語っている。

「他人のことは全く意に介さず、自分が正しいと思ったら真っすぐに行く。まさに、名前の通り『純』ですよ。傍から見て冗談かと思うようなことを平気でポンポンとやってくれる人です」

 今回の都知事選挙もそうだ。小泉が脱原発論者であるのは知れ渡っていた。だが、かつての敵である細川護熙元首相と組んで都知事選を戦うとは『週刊ポスト』1月4日発売号のスクープを読むまで夢にも思わなかった。

 今回は、あくまで小泉が細川を口説いたのであって、細川は口説かれた側というのが基本構図とみる。

 というのは、森が本で明かしたように、小泉はこうと決めたら、どんなに反対があっても突き進む。自分の政権で田中真紀子を外相にしたとき、森は「彼の上着の後ろを捕まえ」て止めたけど、小泉は振り切ってしまった。

 一方の細川はといえば、細川連立政権時代の森の体験では「お殿様は脇が甘い。開きっぱなしですよ(笑)。スキャンダルを攻めて揺さぶりをかけたら、本人はすぐに戦意喪失した」という。

 とっくに政治への執着はなかったはずなのに、再び表舞台に登場する気になったのは「かご」が小泉のお手製だったからだ。細川は『週刊ポスト』新春特大号でも、なんと「エッチなお姉さん」壇蜜と官能美をテーマに対談している。

 自分が乗るかごが立派だったり、話す相手が好みに合えば、ホイホイと出てくるのだ。事前宣伝の思惑もあったかもしれないが、このあたりは殿様ならではである。

 都知事選に勝ったとして、どんな仕事をしてくれるのだろうか。私も原発は止めたほうがいいと思うが、76歳の殿様が本当に「時代を変える反主流派」になれるだろうか。やや心もとない。勝ったとしても、かつての政権のように途中で放り出さなければいいが……。
(文中敬称略)

文■長谷川幸洋:東京新聞・中日新聞論説副主幹。1953年生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院卒。政府の規制改革会議委員。近著に『2020年新聞は生き残れるか』(講談社)。

※週刊ポスト2014年1月31日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉氏 細川氏に「今日は赤穂浪士討ち入り日、出馬は今日だ」
細川護煕氏都知事選出馬 当選ならお台場カジノ構想に影響か
小泉純一郎氏 細川護熙元首相が都知事選に出馬するなら応援

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP