ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Device Frame Generator : スマートフォン・タブレットデザインのフレーム付きスクリーンショット画像を簡単に作成できるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン・タブレットデザインのフレーム付きスクリーンショット画像を簡単に作成できるAndroidアプリ「Device Frame Generator」がGoogle Playストアで配信されています。アプリは有料です(199円)。企業サイトやGoogle Playストアのアプリ紹介ページでは、アプリのスクリーンショットをあたかも端末で表示したかのような形で添付されているのをよく目にします。そのような画像を短時間で、しかも、専門知識や面倒なPC作業不要で作成できるのが今回紹介する「Device Frame Generator」です。といっても、このアプリで作成できる画像のバリエーションは用意されているフレームの種類の範囲に限定されます。画像の作成手順は、1.メインとなるスクリーンショットを撮影→2.デバイスフレームを選択→3.お好みで影やグレアを追加、といった内容です。スクリーンショットを撮影後は数タップで画像を作成できます。現行バージョンで用意されているデバイスフレームの種類は、Nexus S、Galaxy Nexus、Nexus 4、Nexus 5、Nexus 7(2012、2013)、Nexus 10、HTC One、HTC One X、Galaxy Note、Galaxy S III、Galaxy Tab 2、Xperia Z1、Motorola XOOMの14種類。国内モデルのデバイスフレームはありません。「Device Frame Generator」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Facebookがテストしている公式Androidアプリの新UIはこんな感じ
Huawei Japan、7インチAndroidタブレット「MediaPad 7 Youth」をJCOMのスマートTVサービス加入者向けに販売
Sony、テニスラケット用センサー「Smart Tennis Sensor(SSE-TN1)」を5月下旬に国内発売、スマートフォンやタブレットでスイングデータの分析が可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP