ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

だるま落としや積み木も入ってる!『グリコ あそべる木のおもちゃシリーズ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

guriko01

江崎グリコは、“ミニチュアの日”である3月2日に、『グリコ あそべる木のおもちゃシリーズ(通称『アソビグリコ』)全10種類を発売しました。今回登場する木のおもちゃは、「だるまおとし」など、イマドキの子どもたちには新鮮で、大人たちにとっては昔懐かしく楽しいおもちゃです。

guriko03

赤い箱の『グリコ』は、1922年2月に発売されて以来、88年の歴史をもつお菓子です。創業者である江崎利一氏が、カキの煮汁から採取した“グリコーゲン”をキャラメルのなかに入れ、栄養菓子『グリコ』として売りだしたのが始まり。『グリコ』の名前の由来がグリコーゲン、しかもカキの煮汁から採取されたなんてちょっとした驚きです。

その後、江崎氏は「子どもにとって食べることと遊ぶことは二大天職」との考えのもと、キャラメルとおもちゃをセットにして『おもちゃ付きグリコ』を作り、現在までに2万数千種類、50数億個にのぼるおもちゃを生み出しました。おもちゃのなかには、白黒テレビや洗濯機、三輪トラック、アニメキャラクターの『鉄人28号』など、当時の暮らしぶりや流行を反映したものあり、近い将来には風俗資料になりそうなものも少なくありません。

guriko02

今回、発売された木のおもちゃは、『ヘビさんのわなげ』『つみきあそび』『カスタネット』『ママゴトセット』『カメレオンくるま』『ダルマおとし』『カエルのギロ』『つみきパズル』『にんぎょうブロック』『かおパズル』の全10種類。木製ならではの、自然なぬくもりとやさしさが感じられます。ハート形のグリコ4粒が入っています。

同時に、いちご果肉のはいった『いちごグリコ』を新発売、『てさげグリコ』も16年ぶりに再発売されます。たまには、おばあちゃん、おかあさん、子どもと三世代で『グリコ』で遊ぶのもいいかもしれませんね。

■関連記事
時価約700万円! 世界でひとつだけのシートやタイヤまで“純プラチナ製”『トミカ』
親子で作れる『アンパンマン ほかほかキャラ弁屋さん』、セガトイズから発売へ
フィギュアを動かして遊ぶテーブルゲーム『ドラゴンボール改 メタルショーギ』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。