ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国メーカー、AndroidとWindows Phoneの2つのOSをサポートした「Bluebird BM180」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国の端末メーカー Bluebirdは1月17日、AndroidとWidnwos Phone 8の2つのOSをサポートしたスマートフォン「BM180」の発売を発表しました。BM180は一見するとスマートフォンのようで、SIMカードスロットも備えていますが、同社はこれを「世界初&最大のスマートターミナル」と呼んでいます。業務用で法人向けに販売する製品なのでしょうか。OSは「Android 4.2」と「Windows Embbeded 8 Handheld」と呼ばれるWindows Phone 8風のものをサポートしています。2つのOSをサポートしていると言ってもデュアルOS/デュアルブート型の製品ではなく、注文時にOSを選択する方法で販売されるようです。BM180は一部の製品仕様をカスタマイズできるところを特徴としています。カスタマイズオプションとしては、RAM容量を1GBまたは2GB、ROM容量を8GBまたは16GB、ディスプレイ解像度をHD解像度またはフルHD解像度から選択可能。また、磁気カードリーダーやNFCリーダーの有無も選択できることになっています。Source : ZDNet



(juggly.cn)記事関連リンク
アレスがAndroidを搭載したSIMロックフリーの腕時計型スマートウォッチ「ARES EC309」の国内発売を発表
Huaweiが中国で密かに厚さ6.48mmの薄型スマートフォン「Ascend P6S(P6S-U06)」を発表
Xperia Z1 Compactの開封写真が公開、充電クレードルは付属しない模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP