ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大貫憲章&有賀幹夫も登場! ストーンズ来日記念イヴェント〈ストーンズまつり〉レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

1963年にデビューして以来、半世紀以上にわたって現役で活動を続け、この冬にはアジア~オーストラリアを巡る〈14 On Fire〉ツアーの一環として、約8年ぶり6度目の来日公演を行うローリング・ストーンズ。その来日公演のチケット一般発売日にあたる1月18日、東京・渋谷公会堂にて来日記念イヴェント〈ストーンズまつり~おかえり!!ストーンズ!!~〉が開催された。

イヴェントには、DJやラジオ・パーソナリティとしても活躍する音楽評論家の大貫憲章と、ストーンズのオフィシャル・フォトグラファーとして知られる写真家の有賀幹夫がトーク・ゲストとして登場。まずは大貫氏が、76年にイギリスのネブワースで行われた伝説的なロック・フェス〈Knebworth Fair〉でストーンズのライヴを観たエピソードを披露する。ただ、フェスは予定よりも時間がだいぶ押したようで、ストーンズがステージに現れたのは何と23時ごろ。帰る時間の都合で残念ながら最初の4~5曲しか観ることができなかったという。大貫氏がストーンズのライヴを生で体験したのはこの1回のみ。今度の来日公演では伊藤政則氏にチケットを取ってもらい、念願のフルセット・ライヴを楽しむようだ。

続いては、2013年7月にロンドンのハイドパークで開催されたストーンズのライヴより、“All Down The Line”“Bitch”“Beast Of Burden”の音源が紹介される。これらの音源は、ストーンズの最新ライヴ映像作品「Sweet Summer Sun: Hyde Park Live」のCD付き商品(日本盤)の購入者特典CDとして応募者全員にプレゼントされるもの。いずれも映像作品の本編には未収録のナンバーで、これまで商品化されていなかったプレミアムなライヴ・テイクの公開に、お客さんも思わず身を乗りだして聴き入っていた。

そして有賀氏は、そのハイドパーク公演で撮影した写真のなかからお気に入りのものを紹介。ステージ全体を俯瞰したその規模の大きさが伝わるものや、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッド、チャーリー・ワッツというメンバーそれぞれの表情をアップで捉えた一枚、モノクロの味わい深いカットなど、貴重な写真が次々とスクリーンに映し出される。写真撮影が許されたのは最初の2曲のみという厳しい条件にも関わらず、メンバーの発するエネルギーとライヴの熱気を見事に切り取った作品の数々は、90年の初来日の時からストーンズを撮ってきた有賀氏ならではのものだった。

ここからは、前述のライヴ映像作品「Sweet Summer Sun: Hyde Park Live」を、渋谷公会堂の巨大スクリーンでたっぷり2時間にわたって上映。80年代のストーンズを代表するナンバー“Start Me Up”に始まり、“It’s Only Rock’n Roll”“Street Fighting Man”“Ruby Tuesday”“Honky Tonk Women”と、時代を彩ってきた名曲たちが惜しげもなく披露される。恒例のキースのソロ・コーナーを挟み、ストーンズ流のディスコ・チューン“Miss You”、スペシャル・ゲストのミック・テイラーが気合いのギター・ソロで魅せた“Midnight Rambler”、ミックとコーラスのリサ・フィッシャーのデュエットに高まる“Gimme Shelter”、炎を使った演出も素晴らしかった“Sympathy For The Devil”など、まさにヒット曲のオンパレード。“You Can’t Always Get What You Want”では聖歌隊を迎えて大合唱へとなだれ込み、最後は“(I Can’t Get No) Satisfaction”で締め。クラシック・コンサートの会場としても評価の高い渋公の音響設備によって、最高のロック・エンターテイメントを追体験することができた。

イヴェントは、来日公演のチケット抽選会、そしてミック・ジャガーから日本のファンに向けたメッセージ映像を流して終了。ストーンズづくしの充実した内容に、お客さんは来日公演がさらに楽しみになったことだろう。ストーンズの公演は2月26日(水)、3月4日(火)、3月6日(木)に東京ドームで開催。チケットは発売中なので、モンスター・バンドによる衰え知らずのパフォーマンスを生で体験したい人は、ぜひチェックを!

 

〈THE ROLLING STONES / 14 ON FIRE JAPAN TOUR〉
日時/会場:2014年2月26日(水)、3月4日(火)、6日(木) 東京ドーム
開場/開演:16:30/18:30(予定)
スペシャル・ゲスト:ミック・テイラー

【チケット情報】
チケット代:
S席 18,000円/A席 16,000円/B席 14,000円/GC席 80,000円(税込/全席指定)
※GC席とは〈ゴールデン・サークル席〉の意。ステージ花道を囲む限定数の良席です。
チケット一般発売日:2014年1月18日(土)

問い合わせ:キョードー東京(0570-550-799)
公演公式サイト(日本語):http://14onfire-japantour.com/

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP