ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、スマートフォンの各種操作を背面ボタンで行う「マルチファンクションバックサイドコントロールボタン」の特許を米国で出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGが、スマートフォンの様々な操作機能をカバーする「マルチファンクションバックサイドコントロールボタン」の特許を米国特許商標庁に出願していたことが判明しました。この特許の公開資料のボタンは「LG G2」で初めて採用された背面ボタンを彷彿させます。この特許技術はそれを拡張したものなのでしょう。だとすれば、今後のLGスマートフォン(LG G3?)で採用される可能が高いと思います。このボタンの特徴は、スマートフォンの表示内容によって機能が変化するところです、例えば、アプリを使っている間にボタンを短時間押すとホーム画面に戻るホームボタンとして機能します。また、WEBブラウザを使っている間にボタン上をなぞると、WEBページがスクロールします。さらに、バックボタンの押下と画面のタッチを同時に行うことで、2D画像を3Dに変換することもできます。このほか、電話を受けた際は上側のボタンを押すと応答でき、下側のボタンを押すと切ることなども可能とされています。Source : Patent Bolt



(juggly.cn)記事関連リンク
Repo! : テレビで紹介された飲食店を検索できるAndroidアプリ
Moto G Google Play Editionの開封映像
スライドキーボードを搭載した「Optimus F3Q」最新版の製品画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP