ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活説明会で社員に質問する学生 「さすが!」と社員をホメる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年春に卒業予定の大学生たちの就職活動が始まり、各地で企業説明会が実施されている。まだまだ厳しい状況が続いている就活事情だが、そんな中、説明会で他の学生よりも目立つべく、様々なアピールをする学生が増えているようだ。

 特に最近では、企業説明会で「逆質問」をする学生が多いと語るのは、都内私立大学3年のAさんだ。

「説明会で一番驚いたのが、開口一番『○○さんに質問させていただくのは今回で二度目です』と親近感をアピールした後で、『では、○○さんが生きていて“なんで?”って思うことについて教えてください』とドヤ顔で逆質問していた女子学生がいたことです。

 社員の方は困惑しながらも、『就活にスーツなのはなんでかな、と思いますね……』と回答。するとその学生は、『なるほど。今まで色んな方に同じ質問をしてきましたが、さすが○○さん! 面白い回答ですね(笑)』と、上から目線のコメント。自分がどういう立場だと思っているのか、見ているこっちが恥ずかしくなりました」(Aさん)

 また別の就活生Bさん(国立大学3年)は、ある企業の説明会で、こんな「逆質問」をする学生を目撃したという。

「ビックリしたのは、社員の方が『最後に一つだけ質問を受け付けます』と言ったことに対して、ある学生が『では社員のAさん、Bさんのお二方の、1年後、5年後、10年後のビジョンについて説明をお願いします。まずはAさんからどうぞ!』と発言したことです。

『一つだけ』と言われていくつも質問するとか、社員のプライベートを聞くとか、いろいろ突っ込みどころのある学生の質問は多いですが、この時は特に、『お前は何様だよ』と思いました。

 こういう学生を見ていると『落ちる学生』の典型的なイメージが分かってきて、反面教師という感じがしています。他の学生より目立とうという意図は分かりますが、悪目立ちでは逆効果だと思います」(Bさん)

 就活生は、説明会を自己アピールの場だと捉えないほうがよさそうだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日経ウーマン編集長が長男の1年半にも及ぶ就活を記録した書
就活で「自分を物に例えたら…」質問に「たまねぎ」に学生感心
就活でESに飼い猫写真、菓子パンかじり試験受ける学生も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP