ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国独自のオペレーティングシステム「Chinese Operating System(COS)」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国・北京で今週水曜、「Chinese Operating System(COS)」と呼ばれる中国独自のオペレーティングシステムが発表されました。COSは、中国科学院と上海聯彤網絡通讯技術によって開発されたLinuxベースのOSです。ターゲットは主に一般消費者向けのスマートフォンやタブレット、PCなど。この市場では、GoogleのAndroidやMicrosoftのWindows、AppleのiOSが主流となっていますが、COSは中国市場におけるそれらの代替となるべく開発されています。COSでは、JavaアプリとHTML5アプリがサポートされており、現在のところ、10万のアプリが利用できるとされています。また、より中国のセキュリティ要件に適合する仕様のほか、中国ユーザー向けのローカライズも万全だとされています。発表時にはHTC OneにCOSをインストールしたデモ機が展示されていたようです。HTC自身はCOSにおける取り組みに関する公式発表を行っていませんが、以前より中国独自のOSを採用した機種を投入すると伝えられています。Source : ニューヨークタイムズEngadget



(juggly.cn)記事関連リンク
AQUOS PHONE EX SH-02F本体とスペアカバーの価格が公開
Xperia T2 UltraとXperia E1は英国では4月に発売されるらしい
画像縮小 : スマートフォンの写真をVGAやHDなどの小さなサイズに縮小するのに最適なAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP