ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スターバックス、メールやFacebook/LINEの友人にドリンクチケットをプレゼントできるギフトサービス「Starbucks e-Giftは」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スターバックス コーヒー ジャパンは1月15日、インターネットを通じてメッセージカードにスターバックスのドリンクチケットを添えてプレゼントできるギフトサービス「Starbucks e-Giftは」の提供を開始しました。Starbucks e-Giftは、500円分のドリンクチケットとメッセージカードを友人宛にメールで送信したり、FacebookやLINEなどのSNSの友人宛にダイレクトメッセージで送信できるサービスです。手続き方法は、専用のWEBサイトで15種類のテンプレートの中からメッセージカードを選択し、テキストメッセージを入力。送信元と送信先の情報を入力し、決済を済ませるだけ。支払方法はクレジットカードとキャリア決済に対応しています。(自分宛に送信すれば、現金がなくてもドリンクが飲めそうです)受信した方はメールやDMに添付されているURLにアクセスすればメッセージカードと500円のドリンクチケットを入手できます。ドリンクチケットをスターバックス店舗のレジで提示すれば500円までのドリンクなら無料、それを超える場合は残りを現金で支払います。おつりは出ない模様です。Source : スターバックス



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)の新型スマートフォン「Mi3S」「Red Rice 1S/2」発売の噂
「RealPlayer Cloud」が日本で利用可能に
Sony Mobileのリストバンド型デバイス「SmartBand」は全9色ラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP